医療法人 恒尚会 兵田病院

〒589-0036 大阪狭山市山本東1394-1
TEL:072-366-2345 FAX:072-366-2660

兵田病院からのお知らせ

2017.07.05
入院について ①

兵田病院の伊原です。

皆さん病気に罹った時、「入院しないとイケない」と医師から宣告された時に

慌てませんか?慌てない為にも少しでも入院の知識があると違うと思うのです。

 

ですので、今回は数回に分けて入院についてご説明させて頂きます。

 

入院施設について

 

健康な方はあまり入院はする事が無いので、入院してはじめて

病院の形態を知る方が多いと思います。

 

入院施設は大きく分けて4つ

「一般病床」 「療養病床」 「精神病床」 「結核病床」

 の病床単位に分けることが出来ます。

 

 

その中でもさらに細分化され、

 

一般病床では

「急性期」、「一般」、「リハビリテーション」、「地域包括ケア」、「障害者」 …etc

などに別れます。患者様の病状に合わせて病棟も変化していきます。それぞれに特色があり

急性期は手術が必要な状態の方が入院され、リハビリテーションは手術後や治療後などの方

が身体機能回復を目的とした入院施設となります。

 

療養病床では

療養病床1、療養病床2、介護型療養病床などに細分化されます。

(当院では療養病床1を選択しております。)

療養型の役割は慢性的な治療が必要であり、在宅での治療が困難な方が入院されます。

 

 

このように一概に「病院」といっても細分化されており役割が大きく変わってきます。

皆様も入院しない事に越した事は無いと思いますが、一度お近くの病院がどのような役割を

持っているのか知っておくと、いざという時に役立つかもしれませんよ。

 

次回は療養型について詳しくお知らせしたいと思います。

 

 

  我々は、皆様のご健康を願っております。